府中CCの歴史
  1. Home>
  2. クラブのご案内>
  3. 府中CCの歴史

府中CCの歴史

府中CCは、昭和30年頃銀座にあった会員制スポーツクラブの経営者有志が自分たちの理想とするゴルフクラブ創りに取り組み、以来その理想追求の姿勢を半世紀余に亘って貫いてきたメンバーシップ制の伝統あるゴルフクラブです。


1958年3月:創設の意思決定

株式会社東京スポーツマンクラブ(のちに株式会社府中カントリークラブと一本化)は府中CC創設のため、東京都多摩村および由木村の約27万坪を用地とすることを決定


1958年12月:コース建設開始

富沢誠造氏の設計によるコース建設と西郷佐氏の設計によるクラブハウス建設工事を戸田組に発注。


1959年6月20日

会報「FCC(後に『府中』に改称)」第1号発行


1959年11月3日:オープン

石井光次郎氏の始球式でコースオープン、翌1960年日本ゴルフ協会、関東ゴルフ連盟に加盟


1960年6月25日

会報「府中」創刊号発行


1968年8月22日

高麗からベントグリーンに全面張替え完了


1969年5月23日~25日

関東プロゴルフ選手権開催 安田春雄プロ優勝


1971年5月13日~16日:第1回JALオープン開催

優勝 D グラハムプロ ベストアマ 山田健一(府中CC)


1972年3月1日

会員たちの寄付により桜の苗木3,050本植樹開始


1972年3月21日

多摩ニュータウン第一次入居開始


1973年7月12日~15日:第1回東京チャリティークラシック開催

優勝 田中文雄プロ


1975年4月23日

小田急多摩線 新宿~多摩センター開通


1977年7月1日:会社名の変更

会社名を(株)府中カントリークラブに変更


1981年10月20日

電動カート「グリーンボーイ」導入


1986年10月1日

京王線延長による13・14番ホールの地下トンネル工事着工
(1987年に13・14番ホール改修完了、京王線トンネル開通)


1990年4月17日

戸田建設による新クラブハウス竣工


1992年8月21日

ベントのワングリーン化完了


1994年9月30日

会報「府中」第100号記念号発行


1996年8月19日

コースレート再査定(バックティー72.4 レギュラーティー70.7)


2005年10月1日

乗用カート正式運行開始


2007年10月

公式ホームページ立ち上げ


2008年7月6日

所属プロとして土山録志プロ採用


2009年11月3日

開場50周年記念行事開催、50年史「半世紀の歩み」発行


2014年1月12日

地鎮祭


2014年1月14日

グリーン及びグリーン周りを主とする改修工事着工


2014年7月20日

仮オープン、乗用カート全面導入


2014年10月1日

本オープン


2014年10月16日

竣工式